滬江日語閲讀提示:雙擊或劃選日語單詞,查看詳細解釋,並可收錄進生詞本以供記憶學習。

風鈴(ふうりん)とは、主に日本において夏の間、家の軒下などに吊り下げられる、風を受けると音が鳴るよう仕組みになっている鈴である。夏の風物詩の一つとなっている。

在日本,風鈴主要是夏季懸掛在房檐下,有風便叮噹作響的鈴鐺。是夏天的風情詩之一。

金屬ガラス陶器などでできた小さな鐘、銅鐸の形をしたものが一般的である。鐘の中に「舌」(ぜつ)と呼ばれる部品がついており、舌には糸を通して短冊などがつけられている。短冊が風を受けると舌がに當たり、チリリーンと涼しげな音が鳴る。

風鈴一般是金屬、玻璃、陶器材質,形狀像小鐘、銅鐸。鍾內有叫做“舌”(舌狀短棒)的部件,舌下有線,線上繫有短冊(長條紙)。風吹短冊時舌撞擊鐘發出清涼的叮鈴聲。

風鈴の音を聞くことで涼しさを感じるという人がいる。また、見た目も冷たい水や金屬を連想させるような涼しい色合いになっていることが多い。

風鈴的聲音給人帶來涼意。而且外觀也多為清涼的色調,使人聯想到涼涼的水和金屬。

風が奏でる癒し江戸風鈴

風吹奏的治癒江户風鈴

職人がひとつひとつ宙吹きで仕上げたガラスの玉に風情ある絵を付け、振り管と呼ばれる棒をぶら下げれば、美しくも儚げな江戸風鈴の音色が響く。音色も響きも絵柄の佇まいもひとつひとつ異なるその味わいは、涼を誘う一期一會。日本人の美意識をくすぐる、何とも心地よい時になる。

匠人給每個成型的玻璃球加上有風情的畫,再懸掛上叫做振管的小棒兒,就能發出美妙夢幻的江户風鈴的鈴聲了。音色、響聲及圖案各異的風味是帶來清涼感覺的一期一會。滿足日本人的美意識,給人以非常愉悦的時光。

讓人愛不釋手的“卡哇伊風鈴”一覽>>>