滬江日語閲讀提示:雙擊或劃選日語單詞,查看詳細解釋,並可收錄進生詞本以供記憶學習。

競技かるたでは、読み手が読んだ上の句にあわせて、下の句の書かれた取り札を取ります。だから、百首全部を覚えなければなりません。さらに、競技かるたは一人対一人で行います。これがお座敷かるたとの違うところです。

在競技歌留多中,需選出與讀手朗誦的上句所對應、只寫有下句的紙牌。所以,必須將一百首和歌全部記住。另外,競技歌留多是一對一舉行的。這也是競技歌留多同普通的歌留多遊戲最大的區別所在。

それでは競技かるたのルールを簡単に紹介しましょう。

那麼接下來簡單的介紹一下競技歌留多的規則吧。

まず100枚の札を裏向けにしてよくかき混ぜ、そこから25枚ずつを無作為に選びます。選んだ札をぞれぞれの「持ち札」と言います。(殘り50枚は使用しません)

首先把100張紙牌背面朝上摻在一起,充分洗牌,每人從中隨機各抽取25張。取出來的牌叫作“持牌”。(剩下的50張不使用)

自分の持ち札の25枚は幅87センチ以內、上段、中段、下段の3段に好きなように並びます。こうして並べた自分の方の札を「自陣」、相手側「相手陣」また「敵陣」といいます。(図の矢印の範囲內を 「競技線內」と言います。)

將所持的紙牌按照自己的喜好在87釐米的範圍內擺放為上段、中段、下段3段。自己排列的紙牌叫作“自陣”,對方的叫作“對手陣”又叫作“敵陣”(圖上箭頭範圍區域叫作“競技線內”。)

札を並べてから15分の暗記時間が取られます。50枚の場所をしっかり覚えましょう!13分たったら、素振りをしながら覚えてかまいません。

紙牌擺放好以後有15分鐘的默記時間。將50張牌的位置都要牢牢記住哦!13鍾過後,允許邊做揮手練習邊記憶。

15分たつといよいよ競技開始です!まず相手に、次に読み手にしっかりと禮をしましょう。

15分鐘過後,競賽即將開始!首先向對手鞠躬問好,再向讀手行禮。

読み手は最初に百人一首に含まれていない序歌(全日本かるた協會では「難波津に咲くやこの花冬ごもり今を春べと咲くやこの花」を使用しています)を読み上げます。下の句だけがくり返され、1秒おいて、1首めの上の句だけが読まれます。

讀手最初會讀一首不包含在百人一首以內的序歌(全日本歌留多協會使用「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花」,中文為“花開難波津,寒冬閉羞顏 。今春滿地堂,花開香芬芳。”),並將序歌的下句(今を春べと 咲くやこの花)重複一遍,隔一秒後,正式朗誦第一首和歌的上句。

読まれた札(=読まれた歌の下の句が書いてある札)が場にあれば、先にその札に觸れた方の取りになります。図のように、読まれた札(赤のふだ)に直接さわらず、★→から札を払った場合でも読まれた札が完全に競技線から出れば取りになります。

この場合、読まれてない札に觸っていますが、「おてつき」にはなりません!

完全に同時に、お互いが読まれた札に觸ったとみなせるときは、自陣に持っていたほうの取りにします。

如果牌陣上有唸到的紙牌(即寫有唸到的和歌下句的牌),最先接觸到那張牌的人獲得此牌。如圖,即使沒有直接接觸到唸到的牌(紅色的牌為念到到的牌),而是從★處連同其他的牌一同掃出了競技線外,這樣也可以判為得牌。

在這種情況下(即掃出場的牌中有唸到的牌的情況下)觸碰到其他沒有唸到的牌,不視為“手誤”。

如果兩人完全同時接觸到牌,那麼牌在誰的牌陣裏此牌就歸誰所有。

自陣の札を取ったときはそのままですが、下図のように、敵陣の札を取ったときは、自陣の札から任意に一枚相手に送ることが出來ます。送り札は相手の方へ向けてていねいに送りましょう。送られた方は、自陣の好きな所へその札を並べます。

如果自己搶到了自陣中的牌,就任其少一張。如圖,如果搶到敵陣中的牌的時候,可以從自陣中任意挑選一張牌送給對手。送牌時要禮貌地把牌朝向對方送過去。收到牌的人可以把送過來的牌按自己的喜好擺放在自陣的某一處。

飛ばした札の整理が終わるのを待って、次の歌がよまれます。このとき、読み手は1首めの下の句を読み、一秒間おいて、2首めの上の句だけを読みます。このようにしてゲームは進み、先に自陣の札がなくなった方が勝ちになり、その時點でゲームは終了します。終了時も、開始時のように相手と読み手にしっかり禮をしましょう。

待飛出去的牌整理好後,再開始讀牌。此時,讀手會從上一首和歌的下句開始念,一秒後再念下一首和歌的上句。比賽就是這樣進行的,自陣中牌先沒有的一方獲勝,遊戲結束。結束時同開始時一樣要向對手和讀手鞠躬禮謝。

おてつきとは…?

読まれた札がない陣の札に觸ってしまったとき、それが「おてつき」となります(下図左)。

場にある札は50まいありますが、よまれるのは100枚だから、殘りの50枚は「空札」と言います。空札が読まれたとき、場にある札に觸ってしまったとき、「おてつき」となります。(下図右)

一方、読まれた札がある陣であれば、それ以外の札にどんなに觸れてもおてつきにはなりません。(下図まん中)このルールがあるため、札をまとめて払い飛ばしてもOKなのです。

什麼是手誤?

觸碰到非指定牌所在的牌陣時,就算是手誤。(如下圖最左邊)

雖然牌陣中只有50張牌,但是被唸到的牌卻有100張,剩下不在牌陣中的牌叫作“空牌”。當唸到空牌時,接觸到牌陣中任意一張牌時,視為手誤。(如下圖最右邊)

另外,如果觸碰到指定牌所在的牌陣中的非指定牌的時候,不視為手誤。(如下圖中間)因為有這樣的規定存在,所以連同其他的非指定的牌將指定牌一起掃出場外也是允許的。

相手がおてつきをしたときは、ペナルティとして、自陣から札を一枚送ることができます。

當對手手誤時,作為對其的懲罰,可以從自陣中送一張牌過去。

注意すること

両手を使って取ってはいけません。

最初にもし右手で取り始めたら、その試閤中は左で觸った札は無効になります。

読み手が上の句を読み始める前に、手を畳から離したり競技線內に入れたりしてはいけません。

自陣の札の配置を途中で変えるのは自由ですがその時はその旨を相手に伝えなければいけません

注意事項

不能使用雙手。

如果最初使用右手取牌,那麼在比賽中用左手觸到指定牌則是無效的。

讀手在唸和歌上句前,手不能離開榻榻米,且不能進入競技線內。

自陣中的牌可以在比賽中途自由重置,但是在重置之前必須告知對方。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請註明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

點擊查看《花牌情緣2》系列文章,帶你領略二次元中花牌的魅力