注:本文所有術語均考據原網站

神社建築の中で、最も親しまれているもの、神社といえば、やはり鳥居である。

神社建築中最為熟知的、一説到神社就會想到的,果然還是鳥居。

注:鳥居——(神社入口處)牌坊。日本神社入口處所建的大門。用以表示神域。

鳥居は、複數ある場合、最も大きい鳥居が神域全體の入口として參道入口に設けられるのが普通で、 「一の鳥居」と呼ばれる。

若存在多個牌坊的話,最大的牌坊一般會作為神社總入口設於參拜用道路的入口處。被稱作“第一牌坊”。

ただし、神社によっては本殿に近い內側の鳥居から順番に一の鳥居・二の鳥居・三の鳥居と呼ぶ場合もあり、また、番號で呼ばれる鳥居とは別に大鳥居などの特徴的な鳥居が存在する場合もある。

不過根據情況,既有從離正殿最近的內側牌坊起依次命名第一鳥居、第二鳥居、第三鳥居的神社,也有和以數字命名的牌坊不同的、如“大鳥居”之類的特殊牌坊。

鳥居の形態は、二本の柱の上に「笠木(かさぎ)」を載せ、その下に「貫(ぬき)」を入れて柱を連結したものを基本とし、神社全體の建築や祭神の性格に応じた様式がある。鳥居単獨で建造される他、玉垣や廻廊の出入口と一體化している形態もある。

牌坊的基本構造為:兩根柱子上加築冠木(笠木),下方以橫木(貫)為連接柱子的橫樑。多適應神社整體的建築風格及供奉的神靈性情。既有單獨建造的牌坊,也有和神社周圍的木柵欄、迴廊出入口一體化的式樣。

他の部位としては、
・笠木の下に入れる「島木(しまぎ)」
・柱の根元を丸く支える「亀腹(かめばら)」あるいは「饅頭(まんじゅう)」
・柱の根を包んだ「根巻(ねまき)」あるいは「藁座(わらざ)」
・貫の上にある短柱「額束(かくづか)」
・柱の上部の丸い材「台輪(だいわ)」
・貫を補強する「楔(くさぎ)」

其它建築部位包括:
·“笠木”下方橫穿的“島木”;
·支撐柱子底端的圓形“龜腹”(也叫做“饅頭”);
·包裹柱子底部的“根卷”(也叫做“藁座”);
·“貫”上豎立着的短柱“額束”;
·柱子上端的圓形材料“台輪”;
·穩固“貫”的“楔”。

注:くさぎ=『神社辭典』には「くさぎ」と振り仮名があったが、通常は「くさび」だと思う。

注:《神社詞典》裏“楔”假名註解為“くさぎ”,鄙人看來,一般是寫作“くさび”的。

鳥居の替わりに、二本の柱に注連縄を張った、「標柱(しめはしら)」なども関西地區には多く見られる。

在關西地區,取代牌坊,兩柱之間拉上稻草繩的“標柱”也很多見。

鳥居の起源は、日本固有のものとする説、外來のものとする説があり、一定しない。また、語源に関しても 「鳥が居やすい」「鳥が居る」とする鳥居と、「通り入る」の意味など、これも一定していない。

牌坊的起源説法不一,有説是日本自古的東西,也有説是舶來的。語源也一樣,有説是表示“適合鳥生存的場所”、“有鳥居住”,也有説是表示“通過、進入”的意思的。

とにかく、神社における鳥居は、俗界と聖域とを分ける表象であることにかわりはない。

總之可以肯定的是,神社牌坊是區分俗世和聖域的象徵。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江日語原創內容,轉載請註明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

日本神社探祕 千本鳥居

住生活:走進日本傳統房屋(一)