【嘉裏快遞香港】

1.“ね”的用法

在邊思考邊説話的情況下,有時可在“名詞+助詞”、副詞之後等意思相對完整的地方加“”ね,此時的“ね”與句末的“ね”用法不同(中級第6課會話),雖然未必有什麼特別的意義,但是“ね”後的停頓能夠引起聽話人的主意。此時,聽話人多會注視説話人或者點頭示意自己在聽。有時用“ですね”,顯得更加禮貌。需要注意“ね”在句中的位置,如雖然可以説“おいしい料理を+ね”但是不用“おいしい+ね+料理を”的形式。
“ね”的發音一般稍高略輕,但是在邊思考邊説話時不用刻意把“ね”抬高,有時還會拉長為“ねえ”的發音。因為“ね”帶有一種邊思考邊説話的感覺,所以正式場合很少使用。相反,個人之間的對話裏使用“ね”,會給人一種親切感。
△実はね、お宅の「金星」なんですが、困ってしまいましたよ。
(我跟您説,你們公司的“金星”酒,氣死人了!)
△今日はね、みんなにね、いい知らせがあるんだよ。
(今天啊,有個好消息告訴大家。)
△これはですね、あのうですねえ、明治時代の紙幣で、とても高価なものです。
(這個嘛,嗯……是這個這個,明治時期的紙幣,有很高的價值。)

2.お宅

“お宅”是一種敬稱,原本是指對方的家,但在本課中用作對對方的稱呼,含有輕微的敬意,意思是“您”或“您公司”。
△実はね、お宅の「金星」なんですが、困ってしまいましたよ。
△お宅では、どのような洋酒を扱っていますか。
(您公司經營什麼樣的洋酒呢?)

3.“どういったこと”與“どういうこと”

“どういったこと”與“どういうこと”二者都是詢問情況的疑問句。“どういったこと”是希望聽話人舉出一個事例的詢問方式。而“どういうことですか”是強烈要求聽話人對內容做出説明,含有責問的語氣(中級第7課會話)。本課中,由於説話人對事件內容不瞭解,希望聽話人就此予以説明,同時為了使詢問語氣變得温和,使用了“どういったこと”的形式。
△実はね、お宅の「金星」なんですが、困ってしまいましたよ。
——どういったことでしょうか。
(我跟您説,你們公司的“金星”酒,氣死人了!——是怎麼回事呢?)
△50本中、10本にひびが入っていました。いったい、どういうことですか。
(50瓶中有10瓶瓶子上有裂痕,你們到底是怎麼搞的?)
△屆いた品物はすべて壊れていました。どういうことですか!
(到的貨全都損壞了,這是怎麼回事!)
×屆いた品物はすべて壊れていました。どういったことですか!

4.~中、~

“50本中”中的“中”前接名詞,表示話題提及到的事物範圍內或該事物的整體(初級第10課)。本課中的“50本中、10本”的意思是“50瓶中的10瓶”。這一用法與“~のうち”(中級第5課課文)的意思基本相同,但是“~のうち”的應用範圍廣泛,可以用於表示抽象概念的範圍,而“中”只能前接量詞等確定範圍的詞語。
△50本中、10本にひびが入っていました。
△50本のうち、10本にひびが入っていました。
(50瓶當中,10瓶有裂痕。)
△仲間のうち、2人が合格した。
(在朋友當中,有兩人及格了。)
×仲間中2人が合格した。

5.~にひびが入る

意思為陶器、玻璃,人骨等比較硬的物體上出現了裂痕。由此也用於比喻人際關係方面出現了不和諧。對象用助詞“に”表示。
△50本中、10本にひびが入っていました。
△スキーで転んで、足の骨にひびが入りました。
(滑雪時摔倒,腿骨出現了裂痕。)

6.~ようにしてください

“動詞(基本形)+ようにしてください”是由“~ようにします”發展而來的表示請求的表達方式(初級第38課)。如果與能由對方意志控制的動詞一起使用,可以改換成“~てください”的形式。“~ようにしてください”還可以與對方意志不能控制的動作動詞一起使用,但是此時不能改換成“~てください”。否定形式為“~ないようにしてください”。“~ようにしてください”一般不用於暫時性的情況。
△週末に間に合うようにしてください。
(請務必趕在週末。)
△この體操をする時は、肩の力を抜くようにしてください。
(在做這套體操時,肩膀要放鬆。)

7.~次第

動詞“ます形”去掉“ます”後續“次第”,表示一有動作發生,就立刻進行後一個動作。意思與“~たら、すぐに”相同。後一個動詞多為自己的動作或者向對方的請求。
△分かり次第ご連絡を差し上げます。
(一旦查清後會馬上和您聯繫。)
△準備ができ次第、ご案內いたします。
(準備工作一旦就緒,馬上就帶您去。)

8.いいですよ

“いいです”除了表示“好”的意思以外,還表示“拒絕對方提議”的意思。表示拒絕的“いいです”是委婉、禮貌的表達方式。本課中表示“沒有必要告知原因”,與表示強烈主張的“よ”“なんて”一起使用,表現出説話人的不滿與憤怒。
△原因なんて、いいですよ。
(原因什麼的我們不要聽。)
△みなさん、コーヒーはいかがですか?(大家來杯咖啡怎麼樣?)
——ぼくはコーヒーはいいです。お水をください。(我不要咖啡,請給我一杯水。)

9.~限り

“限り”前接表示時間的名詞,表示強調僅限於該時間為止,如“今夜限り(僅限今晚)”。有時還可以後續“で”,如“今月限りで終わる(就在本月內結束)”。此外,還可以用於強調只有一次,如“1回限り”“今回限り”。
△契約は今月限りにしてほしいと言っています。
(他説希望合同到這個月為止算了。)
△今日限りで花子さんとは絶交しました。
(就在今天與花子絕交了。)

10.何とか

“何とか”是副詞,表示事情不簡單。如“何とか修理した(總算修理好了)”表示雖然進行了修理,但是修理起來並不容易。懇請對方幫忙時,使用“何とかお願いできないでしょうか(無論如何求您幫忙)”等,表示儘管知道對方不會輕易答應,但還是強烈要求的意思。作為動詞使用時,“何とかする”表示對難辦的事情想方設法地去解決。“そこを何とかしてください(這件事無論如何還請您幫忙)”的説法,表示請求遭拒時再次強烈懇求。
△何とか契約のほうは…。
(合同的事還請您……)
△この工事を10月までに完了するのは難しいと思いますよ。
——そこを何とか…。
(我想這個工程趕在10月前完成有困難。——還請您無論如何想想辦法。)

11.かんかん

“かんかん”用於形容敲擊金屬等物體時發出的聲音。由此引申為形容人非常憤怒的樣子,或陽光強烈照射的狀態。
△とにかく、擔當者がかんかんなんです。
(總之,負責人都氣壞了!)
△アメリカの領事はかんかんになって怒っている。
(美國領事大發雷霆。)

12.わざわざ

“わざわざ”是副詞,表示原本沒有必要,但是仍然特意去辦。本課中表示佐藤僅僅為了道歉而打算專程去一趟對方那裏,另外,“わざわざ”還用於表示故意、有意的意思。“わざと(故意)”一詞也有類似的語義,但是多用於表示惡意或者為謀取自己的利益而做某事。
△わざわざ來ていただかなくても結構です。
(用不着勞您大駕。)
△彼は彼女に會うことを期待して、わざわざ遠回りして帰宅した。
(他為了能與女友見面,特意繞遠回家。)

新標準日語在線學系列文章請點擊>>